不用品の搬出が難しいものは

不用品回収業者にベッド処分を依頼するなら業者により料金がことなってシングルは8千円、ダブルは1万円ぐらいにになります。

そして自治体に依頼するより高いですがメリットも多いです。不用品回収業者は電話1本で自宅まで来てくれて、自分でベッド搬出する必要がないです。

そして回収日時はこちらで指定でき、多くの業者は夜間や土日であっても回収を受け付けてくれます。
玄関からの搬出が難しい大型ベッドは、つりさげ搬出をする不用品回収業者もあり、問い合わせてみてください。

ベッドをリサイクルショップに売るなら高価買取してもらうのは難しいはず。中古ベッドをつかいたい方がすくないこともあって、査定額が安いです。

ですが、状態がいいものなら若干査定額アップすることもあり、ブランドものベッドを高価買取する業者もいたりします。
なので、複数の業者に同時に見積もり依頼してください。そしてベッド処分を自治体に依頼するなら、電話やネットで申しこんでみましょう。

ベッドの大きさを伝えて回収日時と料金を確認。多くの自治体で回収日は平日に限定されていて、回収日までに前払いで指定シールを購入して、それを貼って指定した日時に回収場所まで自分で運びます。処分費用はシール購入代のみで。
家具の大きさにより処分費用が指定。そして自治体によりことなりますが、比較的小さい棚は100~500円ほど。ベッドなど大型なら3000円~になってます。

そして、ベッドはとても大きくて、パイプベッドなど解体できるものなら、女性でも運べますが、ダブルベッドのマットレスは男性でも難しいはず。足腰が弱ければ、不用品回収業者を利用したほうがいいです。

また、引越しを目前に不用品処分に頭を抱える方が多いはずです。
冷蔵庫は家電リサイクル法で指定された特定家庭用品機器であり、家電リサイクル法にのっとり処分するのが義務付けられています。
リサイクル券は家電製品を販売する小売店などで購入でき、ここに不用品を引き取ってもらうときにリサイクル券を渡して、その控えを受け取るのです。

自治体に依頼したら回収場所を指定されたりします。作業が込み合っていれば、場合によっては翌月まで待たされることもあります。

引越し日時が決まれば早めに問い合わせしてください。特に引越しハイシーズンの2,3月は注意してください。
そして多くの業者で基本料+処分料金+オプションという形で料金が決められます。

当サイトの一押し不用品回収業者

口コミの高評価も頂いています!

Best

コメントを残す