引越の時にいらないものがたくさんあるときの片付け方まとめ

当サイトの一押し不用品回収業者 口コミの高評価も頂いています!

Cleaning引越の時に荷物をまとめるのは大変ですね。
それ以上に引越の時にいるものといらないものを仕分ける必要があります。いわゆる不要品をどうするのか。
ある意味これも断捨離の一つです。引越断捨離について少しまとめてみました。

引越は業者に依頼する場合

引越を業者に依頼するのは簡単です。複数の業者に見積もりを出して価格とサービスを比較検討
引越繁忙シーズンでなければ、業者も競争が激しいのでかなりサービスをしてくれます。
引越し業者によっては不要品の回収作業も一緒に依頼できる業者もあります。しかし引越の業者の場合特に引越の比較をすると見積金額から利益を出しにくくなります。そのため付加サービスの方で利益を出すようにしますので、あまり金額的にはオススメできません。
また大手の引越し業者ほどこの付加サービスは高くなりますし、引越専門となるため不要品の方の依頼は断られるケースも有ります。(または下請けの業者さんに)
金額はもちろん引越と不要品処分を一緒に依頼する>引越を業者に頼んで不要品は自分でやる
ですね。

不要品の仕分け、処分を自分でやる場合

引越まで時間が有り、ある程度住んでいる自治体のゴミ処分ルールがゆるい場合は計画的にごみを出す必要があります。

チェックすべき点は

可燃、不燃、資源ごみの出し方。粗大ごみで出せれるものの種類です。これは自治体によって全く異なります。愛知県、岐阜県の粗大ごみの出し方のサンプル
ある自治体では家具のサイズ関係なく粗大ごみと出せれる場合もありますし、サイズによっては粗大ごみで出せれないので指定業者に依頼して下さいというところもあります。これはよく調べておく必要があります。
また共通することは家電リサイクル法い該当する家電4品目はどの自治体でも処理できません。専門の業者に依頼する必要があります。
http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_4list.html

作業方法

まず最初に引越に持っていく荷物をまとめます。生活するのに必要最低限なもの、消耗品などは残しておきます。
引越に持っていく必要な物を仕分けるときに断捨離としていらないものも一緒に仕分けることをおすすめします。なぜなら荷物をすべてチェックするということはいらないものも一緒にチェックできるからです。
断捨離でよく迷う理由に「いつか使うかも」です。そのいつかというのはほとんどのケースでありません。
なぜなら使わないから家でほこりをかぶっているのです。もったいないな~と思うのであれば宅配買取に売ってしまいましょう

仕分け

難しいのはいるものと迷っているものの場合。
明らかにいらないものはゴミ袋に入れてしまいます。(結構ポイントです)ゴミ袋に入れてしまうと、絶対に捨てる事ができるのです。
迷っているものは要らなくなったかばん、透明の衣装ケース、または引っ越し用のダンボールを一つ使って仕分けます。ここでなるべく迷ったものは作らないことがコツです。迷ったものは引越し先に持って行っても使わないことが多いです。であれば捨てるか売るかはっきりしたほうがいいと思います。

断捨離業者のこと

感情的に捨てられないものもあると思います。思い出があるものは個人的には保存しておいたほうがいいと思います。なぜならそれは他で購入できないものだからです。
断捨離業者さんに相談する方も増えているみたいですね。しかし業者さんによっては「捨てる」ことをメインとする方が多いです。
引っ越しの場合は思い切って捨ててしまう方がいいケースも有りますが、二度と手に入らない思い出の品は元には戻りません。仕分けの時にそのような分け方をするものいいかもしれませんね。

What do you think of this post?
  • Awesome (0)
  • Interesting (0)
  • Useful (0)
  • Boring (0)
  • Sucks (0)

Leave a Reply