遺品整理での壁を知る

当サイトの一押し不用品回収業者 口コミの高評価も頂いています!

notebook-405755_640
遺品整理するうち必ずぶつかる壁があって、捨てにくいものの整理、故人が作ったもの、人形など。そして仏像も整理しにくいものです。遺品整理中の人が特に捨てにくいものとして、絵画や人形、アルバムや神仏にかかわるものなど。こうして捨てにくいと感じられるものは整理してください。神仏にかかわる物は供養してから処分するのが一般的。整理するときお世話になる住職などに相談しましょう。宗派により違いますが、正しい方法で供養してくれたりします。そしてお札などは、いただいた神社で炊き上げすればいいです。旅立先で購入したお守りなど、遠方に行くことが難しければ最寄りのところに相談してください。
そして人形に関しては、供養して処分することが好ましいです。思い入れがあるのを炊き上げ供養するサービスをしている遺品整理業者に依頼して下さい。そして炊き上げ出来る神社に依頼するのもいいです。宝石や価値ある絵画などは残された家族で形見分けしてください。大事に使えば故人も喜ぶはず。ほかには故人の思い出の品で場所を取らないものは、可能な限り残して、そうしたものは保管したほうが遺族にとっていいのではないでしょうか。
そして安さを前面に出した業者が遺品整理をしていると宣伝していても、しっかり処分されるか不安だと思います。遺品整理は気持ちの整理も大事で、故人が残した遺品整理は料金の安さだけで決めないで信頼できる業者や遺品整理業者に依頼しましょう。また、住んでる場所が遠いなどの理由で残された遺族が故人の遺品整理を整理業者に依頼するのは珍しくなくて、業者に依頼すると整理も素早く終って、気持ちの整理をつけやすいはず。ですが、一部悪質な業者に依頼すれば故人の遺品がしっかり処分されないことがあって、遺品を正しく処分できるよう慎重に選びましょう。そして、業者選びで、ごみの運搬に必要な産業廃棄物収集運搬許可を取得してるかなど確認してください。そして悪質業者の中には許可をとってると偽ってるときもあって、不明な点があれば、都庁の産業廃棄物対策課に問い合わせてみてください。
また不用品買い取りをしてる遺品整理業者があって、この場合業者が古物商許可をしっかり取得してるか確認を。これは警視庁の管轄となり、盗品が流通しないよう監視してます。また安さを売りにした遺品整理業者は不用品処分法に問題があることがあって、回収されたら、どう処分されるかしっかり確認してください。そして口コミ、実際の利用者の声を調べ業者の良しあしを判断してください。

What do you think of this post?
  • Awesome (0)
  • Interesting (0)
  • Useful (0)
  • Boring (0)
  • Sucks (0)

Leave a Reply