遺品整理は部屋の広さも重要になる

IMG_2965_R

高齢者の孤独死が社会問題になっていて、遺品整理業者への依頼は増えています。そしてまだ発展途上の業種ですから、サービスの質は業者によりまちまち。遺品整理にかかる費用相場は一般的に部屋の広さにより料金が決まって、そのほか供養に関しての費用や特殊清掃費用など加算され総額が決まります。そして地域によって料金が異なりますが、遺品の仕分け作業と処分のみなら、部屋の大きさなどにより料金設定されて、1kの場合4~6万、1DK~1LDKなら7~12万ぐらいです。家以外に倉庫、庭など整理が必要になることがあって、これも併せて依頼することもできますが、料金は広さに応じ別途かかります。

孤独死によって発見が遅れたら部屋の特殊清掃を専門業者に依頼することに。賃貸物件で、至急清掃作業をする必要もあって、そうした中遺族が遺品仕分けすることは精神的負担を考えれば避けたほうがいいでしょう。これは地域により差がありますが、10万前後になります。また、遺品整理は不用品回収と違って供養という側面があって、仏壇や故人が大事にしていた思い出のものを供養するサービスが用意されています。そして費用は供養するものの種類などにより変わりますが、小さいので1万円から大きなものは5万前後です。粗大ごみで処分するのが心苦しければ、こうした形で寺院に供養を頼みましょう。

そして仏具以外の日用品も供養できて、故人が大事にしたものをしっかり供養すれば残された遺族も気持ちよく手合わせできるはずです。部屋になるのは不用品でなく故人の大事な遺品。弔いの気持ちをもって整理してくれる業者が必要です。また最近故人の遺品を整理業者に依頼することが一般的ですが、そうはいっても、故人の残したものを回収し処分するだけの場合と特殊清掃などをするときとではその費用に差が出てきます。

遺品整理するうえで必要な費用ですが、基本料金に含まれるものは遺品仕分け・処分となり、ここでの遺品は土地、住宅など大きなものでなく、家具など生活用品で、写真などや食品などを指します。こうしたものを処分するものに仕分けするのです。もしも故人が孤独死なら遺体があった場所の清掃費用がかかり、専門的清掃が必要となり、その場合清掃まで一貫して行ってる専門業者に依頼してください。

そして、費用は遺品整理をする部屋の広さや遺品量により変わりますが2LDKで作業員が4名なら18~20万が相場です。覚えておきましょう。

当サイトの一押し不用品回収業者

口コミの高評価も頂いています!

Best

コメントを残す