野良猫を愛した父3

cat-914110_1280
早速作業にとりかかります。

テレビで紹介されているようなゴミ屋敷や遺品整理現場など、どこから手を付けるか不思議だとおもいます。

これは単純

1,玄関

2,玄関の手前の部屋

3,手前の部屋で分別の空きスペースを作る

4,奥の部屋へ

5,2~3の繰り返し(場合によっては2階)

 

というの流れになります。

例によって、この現場も玄関から

 

 

玄関は猫の住処になっていました。とはいっても猫の皿ぐらいのものなので、一旦外にどけて作業を進めます。

玄関の横が居間。玄関と居間を同時進行で片付けていきます。

居間は家具と大量の新聞紙。おそらくその上で寝食をしていた形跡があります。

そしておそらくこの部屋で倒れていたような雰囲気がありました。

続く

この記事は私の遺品整理備忘録のサイト「とある遺品整理士のブログ」から提供しています。

 

当サイトの一押し不用品回収業者

口コミの高評価も頂いています!

Best

コメントを残す