20万の椅子

当サイトの一押し不用品回収業者 口コミの高評価も頂いています!

IMG_2541こういう仕事をしているとよくあるんですが、貴重品と思われるものは色々と出てきます。
もちろん家族の形見分けのものもあると思うのですが、「現金」もよく出てきたりします。
 
その中にも「え!?」っという場所にあった例です。
 
今回の案件は何年も住んでいない、ご自宅の二階。1階は飲食店を経営していたようです。
リフォームを考えているから2階だけを片付けたいとのこと。
 
2階だけでも3DKはある大きな家です。
経験上、病院ではなくこの部屋で亡くなっているなというのがわかります。刑事じゃないですが、「ニオイ」ってやつです。
そこは寝室。
 
何部屋もある場合、1箇所を空けて仕分けスペースを作っていくのが鉄則です。
私はその寝室から片付けていきました。
 
かなり荒れた状況だったため、手前にあるものからどんどんと作業をしていきます。
 
化粧台が有りました。
 
おそらく奥さんが使っていたものなんでしょう。
 
 
化粧台の椅子って中になにか荷物が入れられますよね?
 
 
その椅子の中になんと20万が入っていました。
 
 
封筒に入っていましたが、ところどころネズミに食われています。
 
 
もちろんお客さんに渡して、今回の作業料金がペイできた!と喜んでいました。
 
 
ネズミに食われるほどほったらかしだったということは、本人もへそくりの存在を忘れていたんでしょうね。
 
 
そのへそくりが残された家族の役にたったようです。
 
 
 
この記事は私の遺品整理備忘録のサイト「とある遺品整理士のブログ」から提供しています。

What do you think of this post?
  • Awesome (0)
  • Interesting (0)
  • Useful (0)
  • Boring (0)
  • Sucks (0)

Leave a Reply